FC2ブログ

いまだに地獄

ついさっき帰ってきたばかりなんですが

その地獄のようなのがあるカレーやへ逝って来ました

店の名前はリトルスプーン

そこでの悲劇を書きましょう

見たい人は続きをどぞ


※追記を11時頃更新※

店に入ってから悲劇がはじまった

まず頼むときにもうおかしいものw

店員がもう笑ってるし

頼んだのはチキンカレー(Sサイズ)の超絶激辛ルー

で、出てきたのがこんな感じ

超絶激辛

このままで見たらそんなに辛くない色だと思うでしょ?

次は甘口と超絶との比較

そして比較

上が甘口、下が超絶

もうねw色がおかしいでしょうwwwwww

茶色じゃなくて赤なんだものwwww

で、初心者なのに超絶を1口食べてみたところ・・・

最初はぜんぜんいけるじゃ~んと思うのですが

途中から変な脂汗が・・・・

そして口とのどが無茶苦茶辛い

そこで水を飲んでしまったんだが、そこが巧妙な罠

あまりにも激辛すぎて水を大量に飲んでしまうんですね

それを1口食べるごとにそれを繰り返すと

胃に違和感が出てくるのね

食べたものがはっきりとわかるってどうよw

人間は異物がはいると自然とリバース(吐く)するようになってますが、まさにその状況

胃がカレーを食べ物としてみなさす異物そして排出しようとしてヤバイヤバイw

3口目でもうil||li_| ̄|○ il||li

4口目からは手が震えるわ鼻水が出るわ涙が出るわでもうね

5口以降はもう('A`)

でもこれ食べないと店の人に悪いつうか、つれの人たちからテラチキンという称号がつけられるので

無理にでもがんばって食べましたよ(ノ∀`)

胃が異物としか感知してないので食うのが無茶苦茶つらかった

食べきるのに約1時間前後・・・・

食べきった後はもう魂完全に抜けて花畑が見えたような気がしました( ´ー`)

んで、食べたのはいいがその後が問題

胃が異物としか感知してないから排出しようとします

なのでしばらくはトイレに引きこもってました

リバースしようにもリバースしないし

かといってこのまま出て行くとリバースそうになるし・・・

とりあえず落ち着くまでトイレにこもってました

で、その後だが俺の試練は続きます

俺は自転車通学なので帰りも自転車なんすよ

だからちょっとした段差等を直で受けるとリバースしかけます

それに今日は日が落ちるのが早く、すぐに寒くなるんで胃とお腹が冷える冷える

だからといってリバースしようにも道の真ん中ではリバースできないので・・・・・

がんばって家にたどり着きました_/ ̄|○


そして今現在・・・

胃に異物が入ったままで気分が悪すぎる

胃薬飲んでもまったくきかねぇ

異物が全然消化しきれていないんでしょうな

だから今日の夕飯はいらないと判断

この異物を消化するまではぼ~っとしてます

明日学校なのに大丈夫なのかなぁ俺('A`)


リトルスプーンで書いてましたが

超絶激辛は勇者クラスらしいです

なので、食べきった俺は勇者らしいです

でも上には上がいるもので

Lサイズで超絶激辛を食べきるひともいるわけで・・・・

その人はもう勇者じゃなく神クラスですw

あぁ、なんで俺の学校の友人はおかしい人しかいないんだろうか(ノ∀`)



※追記※

食べて数時間経過したころ、なんとか消化した模様

で、お腹痛くなったのでトイレに駆け込んだのだが・・・

排出物のおかげで肛門がすごく痛い・・・

笑い事にならないほど無茶苦茶痛い・・・

辛さが消化されてない証拠なんでしょうが

カレーでこんな思いしたのは初めてですよw

しゃれになんねぇよこれ('A`)

当分の間はこの痛みと戦う羽目になるかもしれないです(ノ∀`)

超絶激辛カレー恐るべし・・・

■ Comment

非公開コメント

御知らせ事
当ブログの画像を無断で使用する事は禁止してます。
後、コメント覧にて 当ブログに不適切なコメント日本語以外のコメントは消させていただきます。
どうかその辺お願いします。
最近記事
コメント
過去ログ
プロフィール

蜻蛉@蘭華

Author:蜻蛉@蘭華
性別:男
趣味:ドライブ・ミニ四駆
愛車:MOVE エアロダウンカスタム XX-M4
画像:タチコマ同盟

カテゴリー
日記系LINK
著作権表示等
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. (C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページで使用されている画像は(株)ソニックチームの許諾を得て、PC用ゲーム「ファンタシースターユニバース」よりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています。